TOP

風俗で体験した事を紹介します

五反田でのピンサロは我慢!

仕事の打ち合わせで五反田に行くことが非常に多いです。昼間はガッツリとビジネスモードな雰囲気でですが、なかなかそうも行かない時間帯があります。それは夕方の時間帯です。夜では?と思う方もいるかもしれませんが、五反田は夕方が一番の誘惑される時間帯なのです。駅近辺にちらほらと点在する居酒屋などを見れば分かりますが、どこのサラリーマンか分かりませんが夕方から既に飲んでいます。17時で仕事が終わるのかな?とも思いますが、明らかに昼から既にというような輩もいるので、呆れてしまいますが「さすがは五反田」と羨ましい気持ちにもなるものです。もし、自分自身が自由に時間が作れる営業マンで1時間遊べるとなれば、五反田だった飲み食いするのではなく、貴重な時間でピンサロに行くと思います。間違いなく風俗で時間を有意義に使うでしょうね。ピンサロを選んだ理由は時間制であるということです。デリヘルでは「もうちょっと」と思ったら最後です。自分で時間のコントロールがついてしまえば、打ち合わせと称して遊び続けてしまいますです。お金も掛かかりますので、そこまで魅力は感じません。ピンサロならば、お店側に時間をコントロールしてもらえるでしょうし、その間に思いっきり楽しめます。さらに都合がいいのは、何かあればすぐに退席もできるでしょうから、仕事に支障も出ないでしょう。お金の無駄になるような状況でもリスクが低いわけですからね。それと、1時間というような大きな時間でなくても遊べるのがピンサロの良いところです。30分単位でも遊べるところは非常に魅力です。ピンサロとなるとお店のスケジュールに合わせなければならないところがネックですが、そこは五反田という土地柄でカバーできます。風俗街にもピンサロ店は沢山あるので、都合の合うお店を選びだけです。こういった遊びやすさこそ、五反田でピンサロを安定して楽しめる理由ですが、時間もお金もすぐになくなってしまうので、利用できれば速攻で行ってしまいますが、日々我慢が必要になるでしょう。


お酒の入っているデリ嬢

こんばんはーと言いながら挨拶をしてきたデリヘル嬢の声は、明らかに酒やけをした、低くてかすれた声でした。見た目はさほど悪くはありませんでしたが、若干お酒の匂いがしました。デリヘル嬢がお酒を飲んだらいけないとかのルールを聞いたことはありませんが、アルコールが入った状態でやってきた女の子は初めてです。当然客が酒を飲んでいることはありますがね。女性は酔っ払っているわけではありませんでしたが、隣に座っているだけでアルコールの匂いが漂ってくるので、あまり良い気分ではありません。とりあえず気にしないようにしてプレイをしようと思いましたが、私はキスが好きなので、シャワーで彼女にキスをします。全然拒否をするような女性ではないのでそこは良いですが、やはりキスをしたらよりアルコールの匂いがキツくて残念でした。その後は好きなキスは一切せずにプレイを楽しんでフィニッシュを果たしましたが、お酒が入った女性と遊ぶのは、あまりよくありませんね。


デリヘルを初めて体験しました

私はそれまでデリヘルを利用したことがありませんでした。というのも一度も風俗の経験がなく、周囲にもそのことについて知識の深い人がいなかったのです。しかし、ネットのSNSで知り合った人が、デリヘルは自宅に呼ぶだけで簡単だと教えてくれたので、実際に体験してみることにしました。店のHPで人気らしいSちゃんを指名しました。たしかに人気だと言われているだけあり、某アイドルに似た清純系の女の子です。部屋に招き入れてすぐに私はフル勃起しました。一応シャワーを浴びる必要があるのでスムーズに済ませ、フェラチオをお願いしました。小さい口で一所懸命してくれるフェラチオはもう心の底から最高でした。そして股にローションを塗ってもらい、騎乗位で素股をしてもらいました。前後に激しく腰を振る度に私は変に喘ぎ声がでました。まるで挿入しているような感覚で、あっという間に射精に導かれてしまいました。ドロドロの精液に汚れたSちゃんを見て、滅茶苦茶満足した私でした。